ブリアン歯磨き粉にデメリットはあるのか

ブリアン歯磨き粉は、一般の歯磨き剤のように泡立ちを良くしたり、口腔内のすべての菌を殺してしまうような成分が入っていません。そして、ミュータンス菌のほとんどを口腔内から排除してしまうような、口腔内の環境を整える特別な成分が入っているのです。そのうえ、ブリアン歯磨き粉には、子どもたちが大好きなイチゴ味を採用し、細かい粉状に作ることによって、歯の隙間にしっかりと入りやすくなっているのです。小さい頃から歯磨きの習慣づけをし、親が必ず仕上げ磨きをしていても、何らかの事情でミュータンス菌が口腔内に入ってしまった場合には、なかなか虫歯を作らないようにするのは難しいものなのです。けれども、そのミュータンス菌の繁殖を抑えるだけではなく、ミュータンス菌を減らしてしまう作用のある良い菌を助けるのが、ブリアン歯磨き粉の優れたところなのです。そんな素晴らしいメリットばかりといえる商品のブリアンですが、一切デメリットはないのでしょうか。実は、ブリアンにもデメリットはないわけではありません。それは、一般的な歯磨き剤よりも、格段に値段が高い点でしょう。大切な子どもたちの口腔内の環境を整える特別な成分を使って、しかも吐き出さなくても安全な歯磨き剤なので、どうしても値段は安くはありません。そうはいうものの、子どもの歯が虫歯になりにくくなり、さらに虫歯で痛い思いをしなくて済むのであれば、多少の高価格のデメリットに勝るものではないでしょうか。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.